<景品表示法に基づく表記>本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。
お祭り・イベント

「磊々峡」が幻想的に変身!2023年のライトアップをレポート|仙台秋保

「覗橋」のライトアップ画像

磊々峡(らいらいきょう)」で4月29(土)~5月14(月)に素敵なライトアップイベントが開催されます!

この季節に芽吹く新緑とともに、過去に好評だった「七夕まつり」をモチーフにした飾りがライティングされる他、7年ぶりに覗橋や「覗橋♡ハート」もライトアップされます。

川のせせらぎを聴きながら、夜の散策を楽しんでみてはいかがでしょうか?

「磊々峡」のライトアップ(入場無料)

開催時間は17:30~20:00です。

「磊々峡ライトアップ2023」のポスター

画像引用:秋保・里センター

「磊々峡ライトアップ」は2012年から行われています。

今回は秋保町で開催される「G7仙台科学技術大臣会合 」を記念して行われます。

「磊々峡」とは

仙台市太白区秋保町に位置し、名取川が浸食した巨岩や奇石が迫り出す、まさに圧巻の峡谷。

「八間巌」「時雨滝」「天斧巌」など、見どころがたくさんあります。

「磊々」という名前は、石がごろごろとしている様子を表現した言葉で、昭和6年に夏目漱石の門下生である小宮豊隆氏によって「磊々峡」と命名されました。

磊々峡は、四季折々の美しい景色が楽しめる観光地としても人気です。自然の力が作り出す素晴らしい景色を、ぜひ肌で感じてみてください。

「覗橋♡ハート」は恋人の聖地

覗橋♡ハート」はカップルに人気のスポット!

2014年に桂由美さんが主宰する「恋人の聖地プロジェクト」から恋人の聖地に認定されました。

秋保でのデートプランが紹介されているサイト👉覗橋 ♡ハート (seichi.net)

下は簡単な順路と「覗橋♡ハート」の場所を示した地図です。

「磊々峡ライトアップ2023」の順路説明地図

「磊々峡」のライトアップ画像

大きく分けて「覗橋」と「秋保・里センター」の2か所でライトアップしていますので、それぞれの画像を紹介します。

初日でしたが人出が少なく、写真を撮り放題でした!

開催時間は17:30~20:00です。

「覗橋」のライトアップ画像

「画像をタップ」で拡大できます。

「覗橋ハート」の恋人の聖地認定プレート

橋のたもとに「恋人の聖地」認定プレートがありました。

覗橋の外観

「覗橋」の突き出たアーチ状の箇所から下を覗くと…

「覗橋ハート」を端から見下ろした画像

ありました!「覗橋♡ハート」です。ハート形の窪みに水がたまっていれば、もっと分かりやすかったのですが…

「覗橋ハート」の拡大画像

拡大してみました。お分かりでしょうか?確かに「ハート♡」です。

磊々峡入り口から階段を下り、橋の下に行くことができます。

ライティングの色に変化をつける演出がされています。

間近に見る「覗橋♡ハート」(右)と峡谷(左)せせらぎの音が心地よい。

「秋保・里センター」のライトアップ

「画像をタップ」で拡大できます。

秋保里センターの外観

「秋保・里センター」に移動。「G7仙台科学技術大臣会合 」のおしらせ看板が掲げてありました。

遊歩道入り口に「磊々峡遊歩道案内図」があります。

七夕の吹き流しをモチーフにしたライティングと足湯(無料)

七夕をモチーフにしたライティングが綺麗です。

磊々峡自然歩道のハート型ライティング画像

やっぱり最後も「ハート♡」ですか…笑

まとめ

取材の日は初夏の夜を感じさせる気候で、心地よい川のせせらぎの音を聴きながら「磊々峡ライトアップ」を楽しみました。

幻想的な光に時が経つのを忘れて……

恋人やご家族と共に、磊々峡でステキな時間をお過ごしください。

「磊々峡」へのアクセス

時刻表→宮城交通 秋保線 時刻表

時刻表→JR仙山線・仙台市営バス 時刻表

「秋保・里センター」👇

〒982-0241 宮城県 仙台市太白区 秋保町湯元字寺田原40番地の7

TEL 022-304-9151

秋保の近隣「錦ケ丘」にある仙台市天文台の「プラネタリウム」がプレオープンしました!

https://sendaisiro-info.com/2023/04/16/sendai-city-planetarium/
<景品表示法に基づく表記>本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。